スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習不足で・・・

2回分のレッスン記録です

その1☆
「アルテ」は♯6個のFis durへ。
ロングトーンとスケール練習をしました。
やっぱり♭の方が苦手だなぁ~と感じました。。もう一歩なので持ち越し。
子守唄」はまぁまぁの出来でした。
今までの中ではマシに吹ける様にはなったみたいで、一応卒業というコトに

その2☆
「アルテ」はロングトーンとスケールは合格
アルペジオはまだ混乱して指間違えるので再度です。
曲は「アルル」になりました。が、ほんっと~に練習出来てなくって・・・・・
こんなにバレバレになる程、ボロボロになるものですね。。。

もうね。“シ♭・ソ・ミ♭・シ♭・ソ”が出ないの~。。
基本の「シ♭~ミ♭~ソ~」に戻って音出しするんだけど、柔らかい音など出ず。。
最初のシ♭が弱すぎの様だけど、中々コツが掴めず。
どうもその前のスケールとアルペジオで肩だけでなく二の腕まで凝った模様・・・。
練習不足も重なって、バッテリー切れ。。

あとは、タカタカの早い動きの練習。早く出来ません→指上げない練習。
2音でスラーになっている箇所のアーティキュレーションの練習などをしました

そんなで、前半の半分まで練習したのでした。
あちこち臨時記号、間違えまくり・・・。ボロボロでした。。
次のレッスンまでに練習していかないとマズイ状況です。この土日で練習時間どう作ろうかな

B moll合格、曲は丁寧に

アルテのB moll
6~8番、共に合格しました~
*ミの指を間違えやすいので注意。
*アルペジオ部分はかなりスピード落とした出来ですが。

次からはFis dur(嬰ヘ長調)
シャープ6つです。♭→♯への切り替え、難しいなぁ~

曲(フォーレの子守唄)
丁寧に見て貰いました。

ファドの箇所。低音ドが出にくいのでついドの前でブレスをしてしまう私。
小節単位でブレスの位置を確認。癖を直す練習ですね。

3分の1位の箇所で「ラ・ミ~レ~ラ」と1オクターブ上がる箇所。
ラでうまく上げられない様で・・・。注意箇所です。

進んで、3分の2位の箇所。
最後の4分の1位で、メロディが変わる所です。
ここは「再現部」という所で、Endingに向けて動いていると思って吹く事

ソ~ラに上がりたいけど、間に“ミ#・ファ#”等の音を入れて、
飾ってお洒落にしているそう。フランスっぽい雰囲気を出しています。
そういう動きがいくつかあって、フルートのソロパート(見せ場)だそうです。
なので「ソミ#ファ#ラ」とかって1音1音確認しながら嫌がって吹く事のない様に。

前の音から引っ掛けて、縫う感じなので
「刺繍音」「借用和音」って呼ぶそうです

今回はこんな曲想なども勉強になりました。
1回では聞き取りきれないので、こういう時にレコーダーで録音しておくと便利ですね

♭5つ、あと少し

発表会後のレッスン

苦しい基礎練習(♭5つ)
★変ニ長調(Des dur)・・・残っていたクロマティックは合格しました。
★変ロ短調(B moll)・・・6~8番共にレッスンで吹きました。
いや、8番のスケール&アルペジオ、練習してないし。。
案の定ボロボロでした。。アルペジオが・・・
もうネ、次が何の音か考えて、途中から真っ白になった様で、もう指まで思いつかなくなる始末。。
先生、いつも基礎練でもピアノをポロンと音出ししてくれてるんだけど、途中から止めた。。
あ~、様子見てるよ。まるで、苦しい自分だけの世界でした。。

っで、曲
アルル?かと思っていたら、ケーラフォーレの子守唄。
下手なまま仮合格?だったので、コレで良いと思います。
帰ってからこっそりと鉛筆書きされた○消しておきました(^^;)

こちらの注意点は、細かい所(あちこち)で運指間違えないで練習する様に気をつけて。
どの曲でも間違いが多いのが、ある意味、癖になっているのかもしれないなぁ~。
もっとしっかりと練習しないと。

という事で、B mollと子守唄、頑張ります

発表会、終了♪

終了しました、発表会

「自分の演奏に関して」は・・・。
苦手パートは何とか吹けたのに、思ってもいなかった箇所で間違えました。2ヶ所ほど。。
運指が上手く動かず、そこだけ2秒程?の空きが・・・
・・・ありえませんが、まぁ~緊張もしてるし、コレが実力でしょう。

でも音や手が震えたり、息が吸えなかったり、濁音になったりする事はなくって、
まぁまぁクリアな音で吹けた事は良かったと思います

あとは、音合わせの時は大丈夫だったのに、
何だか伴奏と合ってない様な、演奏のスピードがほんの少しだけ早く(遅く)なったりしてた様な感覚。
他の仲間に聞くと、そんなに気にならなかったそうですが、思い出しました
前にも、本番で、緊張からか、伴奏を聴き過ぎて、合わせようとして、自分のリズムを崩す事があるって。

「他の方の演奏」
おじ様(お爺様?)が「コスモス」を演奏されたのがとても印象的でした
白いカッターシャツに、オフホワイトの背広。襟元のシャツの中には赤いスカーフを入れていてお洒落。
とても、服装も曲もあっていて。ゆっくりと、強弱もつけて、溜めも入れての演奏。情緒感があってお上手でした。

1部と2部制になっていたのですが、やはりそれぞれのソロラストの方の数名は全くレベルが違いました。
アンサンブルもあって、聴くとやはりアンサンブルも良いなぁ~って思いますね。
先生はグリーンスリーヴスの5重奏を演奏してくれたのですが良かったです
私の先生は、普段は低音パートが多いのですが、今回は1st担当されていました。

集合9時過ぎ。開演12時。終了したのは16:30頃。
充実はしていたのですが疲れました~

発表会前

発表会まで、あと2日
なのに、何だか実感が沸かないワタシ・・・

これは、直前に緊張するケース
いや、いっその事、このまま・普段のままで本番も吹けると良いな

音合わせ後、レッスン1回(先週)ありました

アルテの15課
Des durの4番。苦労の末に、合格しました
このスケールとアルペジオ練習が良いウォーミングアップになった様。

曲(1回目)もほぼミスなく吹けました
2・3回としてると疲れるのでミスるのですが・・・ね。
やっぱり中々難しいです、怖いです、この曲
(♭3つに転調した2フレーズ目の後半の指を3フレーズ目にしてしまう様で、
どうしても間違えます。。どうしましょう。。)

発表会のプログラム貰いました
私は、2部の13番目。後の方ですね。
って言うか私の後、ソナタばかりじゃん。。
前の人も、同門でお上手な方だし・・・。
まぁ~挟まれていると、印象には残らなさそうですよね

ピアノ合わせでした

ピアノ伴奏の先生がレッスンに来て下さってピアノ合わせでした~
もう発表会用曲の練習、一色です

私の前の生徒さん・そのまた前の生徒さん
まだ残っていたので観客2名。(最初の1回通しまで--ですけれどネ。)
普段先生と2人の所 → 5人

緊張した自分にビックリいや・・・本番前にこの緊張感を味わっておいて良かった。
・・・と言うかもっと緊張するんだよね。。

色々と細かい点はありますが、まとめるとこんな感じ
・指を上げないで吹く様にする。
・手首が固くなって伸びないように気をつける。
・足を前後に動かしたり、膝の屈伸をして体重移動させるコトで体の力みを取る。
・丁寧に伸ばし過ぎないで、休符の箇所でなるべく休んで、早めに次の準備&脱力する時間を作るつもりで吹く。
・低音(&最初)は上唇をひっぱり下ろすつもりで、お腹からしっかりと。


やっぱり緊張・意識してしまってか、息が持たなかったりお腹が使えてなかったりで、
音が落ちる。途中で出なくなったり、濁音になったり・・・
後日、自宅練習でも、息が持たず、力んじゃいます。。

下手になった気分~ですが、本番前の緊張感から来るスランプかな。
ちょっとスランプから抜け出さなきゃ~
何なんだぁ~このガッチガチの指と肩~。。

最後の低音が全く吹けないという事はなくなったし、
ピアノ合わせでも全体的なリズムは崩れなくなったので、あとは私の運指ですね

次はこの曲!?

レッスン、順調と言うか・・・。

アルテの15課-8
2・3番共に合格してしまいました~
♪注意点♪
アルペジオでラ♭が抜けちゃうコト。
高音2音練習では「ファ♯ラ」の繰り返し8音目(最後)が音出なくなる時も。。

シチリアーノ
取り合えず「♭3つの高音パート」「最後の低音パート」が難しいので、
そこを重点的に練習して気をつける事

(思いがけず)子守唄
前回はしなかったけど今回は練習。
あちこち課題はあるのだけど・・・取り合えずこの曲は終了という事に
♪注意点♪
ロングトーンの長さ不足。メロディの違う箇所に注意。臨時記号の音間違えない様に。

そして・・・、
先生は、もう一冊の曲集の事はお忘れか・・・
私もアンサンブルで練習する機会がありそうだからという気持ちから・・・。

次の「アルルの女のメヌエット」をする事に
マジですか
ちょっと難しいって・・・かなり難しいと思うのですが・・・

「シ♭・ミ♭・ソ」→「シ♭・ソ・ミ♭・シ♭・ソ」だけ練習。
シ♭~ミ♭~ソ~と歌って指だけソとシ♭を入れる感じで。
ソ~は強く吹かず、ソが出る腹圧でシ♭の音のままで吹く。弱く柔らかく。
これはこんな風に吹く曲だそう

出だしから難しい。。
発表会が終わったら、本格的にこの曲の練習に入るって事になるかな

久しぶり日記とレッスン

久しぶりの日記。
最近とっても忙しくて。この記事書いてるのもこんな時間。
書きたい事はたっくさんあるの~。少しずつ書いていきます。

フルートも3週間ぶりのレッスンでした
アルテは15課の8番。♭5つのDes dur(変ニ長調)
ロングトーンして1番の音階基礎練習は何とか合格しました~
自宅練習もレッスン前の週末に急いで少ししただけだったんだけれど、
取り合えず指の動きだけ覚えられてたみたいです。

そして発表会の曲。
こちらも前回のレッスン時よりもマシに吹けたかな。
「ド~ラシ♭ラ・レファ♯ラレ・ソ~レ」レファ♯ラレ部分も、
慌てずゆっくり吹けば大丈夫だったけど、ここも要注意箇所なのです。

あとは最後の最後。低音の締め。「ドミ♭・レ~ファミ・レ~」
ここが問題なので、何度も繰り返し練習しました。
低音ドの出し方。アンブシュアーの作り方。力みや手首。しっかり響かせる様に。
あとドミ♭への移動の練習。それを中心に。
中間の高音パート含めて、苦手な箇所だけ重点的に練習しないといけないですね

15-7:Gis moll終了

へとへとレッスン・・・でした。。

残すトコロ「Gis mollの8番」でしたが、やっと合格
これで15課の7が終了~!

8に入りました。
次は♭5個。Des dur(変二長調)

あの~、皆さん。
♯(5個)→♭(5個)へは、どうやって切り替えるのでしょうか。。
もう音符が読めません。。レ♭??、どの指だっけ?・・・
=ド♯・・・ってすぐ指が思い出せません。。

2週続けてのレッスンで練習不足もあって。
基礎の基礎のロングトーンで音階の所はしたけれど、なが~い音階練習の所は殆どしてなかった。
その練習箇所もレッスンで入ってしまい・・・ボロボロ。。

もうね。楽譜は見てなくって、自然に指が動く様に暗記しようとしてる感じでした。
なので、上がって下がっては、終わった音から始まる場合と次の音から始まる場合とあるので、混乱したり。
どこしているのか分からない状態の中、とりあえず指だけ動かす練習。

これで自宅練習は出来る様になったとは思います。

その後は発表会用のシチリアーノを2回程練習しました。
・・・が、もう既にアルテで力みすぎ、疲れてしまい、全くエネルギーがなく、息も続かず・・・。
久しぶりにへとへとになったのでは・・・。たった30分なのにねぇ~。。

レッスン2回で

難しいので、最近はかなりノンビリのレッスン
2週間分をまとめて。

アルテ15課
7-5:H durのクロマティック
相変わらず降りる方で転びがちだけど・・・何度もして何とか合格
7-6・7:Gis mollスケール
この2つはまだ他よりも楽かなぁ~。合格
7-8:スケールとアルペジオ
かなり何度も繰り返して練習。途中先生の模範、その後も吹いてみた。
だんだん間違えも減ってはいたんだけど、あともう一歩という事で
(多分、先生はラスト1回OKなら合格にしたかったから何度も繰り返したんじゃ~って気がしました。。)

っで曲の方。
シチリアーノ
最近になって何だか調子が・・・
何で今になって、別の小節と混乱して間違って吹いちゃうんかな。
(先週同様。でも先週よりは改善されたけど。)
あっ、最後の低音〆のトコロ。少し音が出てくる・吹ける様になってきたかな

子守唄
リズム・音の伸ばす拍数が足りなかったりする箇所がちらほら。
突然、高音になる箇所は難しいので繰り返し練習。
途中で、ピアノ伴奏がなくなってフルート1本になる様なのでちょっと緊張しますね。
四季の花時計
プロフィール

alice

Author:alice
「Alice's Journal」へようこそ★

フルートは2005年11月~。お料理は2006年11月~。
英会話スクール・オンライン英会話等も時々していましたが、
2012年4月に、習い事は全て一旦休止。

2011年7月に結婚。
2012年7月に第一子出産。

日々の出来事や思った事を綴っています。

旧ブログ(2007年1月~2008年4月)

最近の記事+コメント
カテゴリー
カレンダー & アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


クラシック演奏会
訪問ありがとう♪
ブログ内検索
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。