スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赤毛のアン」シリーズ

「赤毛のアン」が誕生100周年らしいですね。
新装版が出た事を知って読んでみようかなと思いましたぷーさん

毎月自宅に届くアテニアの月刊誌で紹介されていて、とても良さそう~ローズ2

さゆたさんのブログで読んだリストにも載っていた事も思い出しましたjumee☆faceA6
最近読んでらっしゃるのだなぁ~3はーと

大昔?に読んだ事はあると思うんだけど、どこまで読んだかも不明。
今読んだらまた違った印象や感じ方があるだろうなぁ~って思います音符

まずは1冊目「赤毛のアン」を買ってきました~本
別に読んでいるがあと少しで終わるので次に読もうと思いますにっこり

赤毛のアン (新潮文庫 モ 4-41 赤毛のアン・シリーズ 1)赤毛のアン (新潮文庫 モ 4-41 赤毛のアン・シリーズ 1)
(2008/02)
モンゴメリ

商品詳細を見る

アンシリーズ
関連記事
スポンサーサイト

Aliceさん、こんにちは。

赤毛のアン、生誕100周年なんですね~
知りませんでした。
私は、たまたまアニメの再放送を母が見ていたので
もう一度読んでみようかなと読み始めたんです。
今、7冊目を読んでいるところなのですが、
全然記憶にはないのに、読んでいるとストーリーを知っているので
実は前にも一通り読んでいたんだなと、ちょっと驚いています。
今読むと、確かに違った感想が持てます。
昔読んだときには何も感じなかったことも、今だと心に響いたりして。
最近はすっかり行ってみたい場所がカナダになってます。(笑)

本を読みながら、原作だとどんな風に書かれているのかなと気になります。
が、そのままは難しすぎるので、子供向けのAnne of Green Gablesを借りてきました。
すごく薄いので最後まで読めそうです。(笑)
 

「アン」の世界、素敵ですよねぇ~。
大スキでした、アニメも小説も。
昔読んだ時は「アン」の目線だったのに、
今読むときっと「マリラ」になってしまうんだろうなぁ、
って思うと、なかなか本棚に手がいかないです。

以前、英会話のカナダ人の先生に
「赤毛のアン、大好きですよ~」
って喜んで話したら、
「自分は読まされすぎて、あまり好きじゃないんだ」
って言われてしまいました。
課題図書みたいなものなのでしょうかねぇ。

さゆたさん&I野さんへ★

さゆたさん☆
こんにちは!
100周年だからというのでなくたまたま読んでらっしゃいましたね。
翻訳者と出版社も別の方のものですよね。
私もどこまでストーリーを知ってると思うのかな。楽しみです。
もう7冊目なのですね。雑誌で紹介されていたのも様々な
本の中の言葉が書かれてて良さそうでした~。
英語版を読むという事も出来るのだけど今回は改訂版
という事でこちらを読んでみようと思いました。
確かに部分部分で英語ではどんな表現か気になったりしそうですね。
最後まで読んでまた感想聞かせて下さいね♪

I野さん☆
目線。変わりそうですねぇ~(^^)
ずいぶん読んでなくて記憶が薄れつつあるので一通り読んでみようと思います。
カナダ人の先生。課題図書か何かで読まされすぎたのかな。
学校の国語の授業でもよく出てきたりしていたのかも。
またアンの世界を味わってみま~す♪
非公開コメント

四季の花時計
プロフィール

alice

Author:alice
「Alice's Journal」へようこそ★

フルートは2005年11月~。お料理は2006年11月~。
英会話スクール・オンライン英会話等も時々していましたが、
2012年4月に、習い事は全て一旦休止。

2011年7月に結婚。
2012年7月に第一子出産。

日々の出来事や思った事を綴っています。

旧ブログ(2007年1月~2008年4月)

最近の記事+コメント
カテゴリー
カレンダー & アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


クラシック演奏会
訪問ありがとう♪
ブログ内検索
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。