スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内田康夫さんの本

初かな。
「貴賓室の怪人」を読んでみました。
テレビのサスペンスによく出てくる作家さんとかこういうタイプの方の本は選んだ事がなかった。
タイトルと後の書かれた説明を見て、面白そうだなぁ~って思って借りてみたの。

貴賓室の怪人 (「飛鳥」編) (角川文庫)貴賓室の怪人 (「飛鳥」編) (角川文庫)
(2003/10)
内田 康夫

商品詳細を見る

イタリア幻想曲―貴賓室の怪人2 (角川文庫 う 1-59)イタリア幻想曲―貴賓室の怪人2 (角川文庫 う 1-59)
(2007/10)
内田 康夫

商品詳細を見る


楽しく読めました。読みやすかったです。

1冊目の「飛鳥編」は、最初に豪華客船の写真と説明付きで詳細に描かれてた。
登場人物は多いけど、それぞれ特徴があり分かりやすかったかな。

2冊目の「イタリア幻想曲」はもっと良かった。1冊目で中途半端だった事が解決したり意味が分かりました。
またイタリアの描写。地理的な事・歴史・芸術・宗教、色々描かれていて、勉強になりました。
イタリアの魅力が増してより一層行きたくなったけど、読んでるだけでも楽しめました。

後味がミステリー色が強く残るっていうのとは違いました。
でも本を通して何か発見があったり新たな事を知れるのは嬉しいので私はOKです。
関連記事
スポンサーサイト

非公開コメント

四季の花時計
プロフィール

alice

Author:alice
「Alice's Journal」へようこそ★

フルートは2005年11月~。お料理は2006年11月~。
英会話スクール・オンライン英会話等も時々していましたが、
2012年4月に、習い事は全て一旦休止。

2011年7月に結婚。
2012年7月に第一子出産。

日々の出来事や思った事を綴っています。

旧ブログ(2007年1月~2008年4月)

最近の記事+コメント
カテゴリー
カレンダー & アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


クラシック演奏会
訪問ありがとう♪
ブログ内検索
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。