スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通常レッスン♪

早速の通常レッスンでした

・・・と言っても、そんなに大きな違いはないのですが。。
アルテは少しだけど続けてしてたので、その続き。
曲は。発表会の曲。もう1度合わせて終了~。
そして次の曲の練習に入ったコトが違うかな(^^)

★アルテ15課<2>
D moll(ニ短調)-----6・7・8番、合格しました
次からは♯2個。D durからです。

★Quantzのトリオ・ソナタ
①♭3つ。+ナチュラル。
まだまだそのままでは咄嗟に譜読みの判断が付かないの。
なので、半音変わる所は全て○つけてます。
②似たメロディの繰り返しも結構あるので慣れると覚えやすそう。
③トリルも数箇所あるけど、数も難易度もそんなに大変そうではなさそう。
④1番の問題はアーティキュレーション
2音スラーの2つ目はスタッカートで跳ねる。これが・・・
3音スラーの所はそのままだし、ややこしい。

それを無視して取り合えずスラーとかで吹く事は出来るけど、
曲の雰囲気、全然違うんだね。キチンと出来るとカッコいい感じになります。

下がる方のスラーは何とか出来るんだけど、上がる方が難しいです
ミド、ドラ、ラファ、ファミ、の最後のファミって上げてミで切るの中々上手く出来ません。
曲を吹くあいだ中、スタッカートを意識していないと、途中で普通のスラーに戻っちゃいそうだし。
関連記事
スポンサーサイト

No title

上がる方のスラーで、それを切って終わる?のは難しいですね。
上の音が出にくいので、上の音ばかり意識して鳴らそうとしてしまって・・・・・
下の音がなっていませんよって、よく言われてます。

先生の言われるとおり、下の音を響かせると、上の音がすっと出たりして(苦笑)

また、一歩前進ですね。

KOMOさんへ♪

スラーで切るの、とても難しいですね。。
上を意識すると下が十分に鳴らないから、下を響かせる様に意識すると良いのですね。
これから曲作りとか表現面でも身に付けて行けると良いなぁ~って思います。
非公開コメント

四季の花時計
プロフィール

alice

Author:alice
「Alice's Journal」へようこそ★

フルートは2005年11月~。お料理は2006年11月~。
英会話スクール・オンライン英会話等も時々していましたが、
2012年4月に、習い事は全て一旦休止。

2011年7月に結婚。
2012年7月に第一子出産。

日々の出来事や思った事を綴っています。

旧ブログ(2007年1月~2008年4月)

最近の記事+コメント
カテゴリー
カレンダー & アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


クラシック演奏会
訪問ありがとう♪
ブログ内検索
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。