スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンサンブルレッスン3回目

アンサンブルのレッスンでした~音符
今回のシンフォニアは1stと2ndだけ。

注意点はclover
*音階練習している様な吹き方をしないで。もっとメロディらしく吹いて。意識する事。
*出てくる臨時記号を「~♯。・・・次は~ナチュラルで。」等考えないで吹ける様にする事。
*スラーやタンギングの音をもっと滑らかにつなげて。
*他のパートの休符やブレスをきちんと聞いて合わせてあげる事。


いやぁ~難しいです。。きゃっ
他のパートのブレスを聞いてると入り損ねます。。汗とか

まずは1stと2ndを皆で練習です8分音符
拍が遅い・早いとかで、皆ずれてバラバラになった所で、先生に止められる。
でもその中でもお隣の方、きちんと合って吹けてた様なのを感じたわぁ。
すごいなぁ~。つくづく基礎が大事だよねぇ~と。。ニコニコ。 横向き

いつもの様に2パートに分かれて合わせました8分音符
交代して1回目は中々切り替えモードがスロー。最初の1列位は追いつけません。。
3パートに分かれて同じパート人数が少なくなる事を考えると・・・もっと不安。

今回は50分のレッスンで腰が痛くなっちゃったよきゃー!
どうも背中を反らし気味だったみたいだなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

わぁ~、アンサンブルの練習も着々と進んでいますね。

お一人でのレッスンとはまた違った雰囲気で、いろいろと学べそうですね。
難しいこともあるのでしょうが、楽しく格闘(?)しているAliceさんの様子が
伝わってきます。いいなぁ~♪

秋の夜長、温かいお風呂にでもゆ~っくり浸かって、腰の疲れをほぐして、
練習に励んでくださいね!

インベンション、シンフォニアは一人でやっていても右と左合わせるのが難しいのですね。特にシンフォニアは声部がどうなっているか???です。
ゆっくりゆっくり焦らずに確実にみたいな。。。モードでした。

v-388自分がちゃんと吹けていないと、周りの音を聞く余裕は出てきませんよね。
練習不足で参加してしまって・・・・え~っと♯で、♭で・・・とアンサンブルのなかで自分の練習をしてしまいました・・・・v-388

はるなさん・YUさん・E-KOMOさんへ♪

はるなさんへ★
格闘している様子、分かります~(^^)?
勉強になりますね!中々それを実践するのは難しくて・・・。
基礎練習を増やしたいって思うのですが、練習量が増えたのでそれも中々ですが頑張っていきたいです♪

YUさんへ★
シンフォニア。そうなのですね。
メロディーがあっちこっちで重なってたりもしてすぐ訳が分からなくなってしまいそうです。
焦らずゆっくり確実に仕上げられる様にコツコツと頑張ります!

E-KOMOさんへ★
「自分が練習不足だと周りの音を聞く余裕はない」ドキッとしました。。
ホントそうですよね。同じパートの人の音を聴いて練習されて貰ってたらダメですよね。
私ももっとしっかり吹ける様に、せめて指がきちんと動く様に練習しようと思います。
KOMOさんも沢山練習する曲抱えてそうですよね。頑張って下さいね♪

こんばんは。アンサンブルの洗礼を浴びていますね…。アカペラでも同じように言われる思うものばかり。でもそれがピタッとはまった時の感覚は最高ですよ。一朝一夕には出来ないけれど、それ目指して頑張って下さいね…

kira-windさんへ♪

アカペラで教わる事とも同じなのですね。
この指導点はまさにアンサンブルって感じなのでしょうね。
少しずつ作り上げていって綺麗に合った時の感覚味わいたいです♪
一つずつ確実にしていける様に頑張ります(^-^)
非公開コメント

四季の花時計
プロフィール

alice

Author:alice
「Alice's Journal」へようこそ★

フルートは2005年11月~。お料理は2006年11月~。
英会話スクール・オンライン英会話等も時々していましたが、
2012年4月に、習い事は全て一旦休止。

2011年7月に結婚。
2012年7月に第一子出産。

日々の出来事や思った事を綴っています。

旧ブログ(2007年1月~2008年4月)

最近の記事+コメント
カテゴリー
カレンダー & アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


クラシック演奏会
訪問ありがとう♪
ブログ内検索
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。