スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日はTOEIC

前回は2008年1月。
なので1年10ヶ月ぶりでした。

終わった感想は・・・。

【リスニング】
3と4が結構難かしく感じました~。
速読力・読解力ももう少し伸ばさないとなぁ~。。

【リーディング】
パート5は思ったより簡単?と思ったけど、
徐々に問題が難しくなっていった様な気がしました。
パート6のLetter形式。結構楽しいのですよね、わたし。
(合っているかどうかは別として^^)まだ新TOEICが2回目だからかな。
パート7は、残り時間わずかになってあと数題。
ラストから3問目辺りが難しそうだったので先にラスト2問してからにしました。
何とか2分前位に終了~。

う~ん、全体的な手応えとしては・・・難しかった様な。。
リスニングが難しく感じたのがちょっとショック。。

この新TOEICの形を忘れてしまう前に、春辺りにもう1度受けようかなぁと思ってます。
(前回が新TOEICになって余り日が経っていないので易しめだったのかな。その後全く受けてなかったから。。)
スポンサーサイト

続けて英会話

2日続けて英会話レッスンを受けました。
そして、初めて同日に2レッスン続けて受講もしてみました。

受けたのは
昨日はTOEIC対策。
今日はTOEIC対策とDME。
しかも3つ共初めての先生でお試し。

TOEIC3回目(Part2の6~8=15問)
Daniel先生。唯一の男性講師。そしてネイティブ講師(ポイントは2倍かかる)。
先生によって教え方が違いますね。
最初印象は正直余り・・・だったのだけど、途中から考え方が変わりました。
英会話学校でのTOEIC対策受けてるみたい。
ただの答え合わせではなくってanalyzing。分析型。
自分でコツや気をつけている点は?とかTOEICに関して色々聞かれた上でスタート。
レッスンでも、難しい問題や間違った問題は、何故その答えか、何を問うているのか等、
コツなども含めて解説してくれました。
今までと違ってQ・A共に1度しか言ってくれず、なのは実践的で良い。
Aの中に間接話法の文があり、よく使うよって事でその解説や例文なども多く話してくれました。
この先生は、話す文や用語も難しめで、スピードも早く感じたな。
した問題数は少なめだけど、これはこれで対策っぽくて為になった様に思います。

TOEIC4回目(Part2の9~20=60問)
Janice先生。
こちらはまた違って1・2回目同様の形。
Q&Aをひたすら進む。2回読んでくれるし声の感じも聞き取りやすいのね。
AはWebがあるのでそれを見る様にはなってるけど目を瞑ってなるべく見ない様にしました。
どんどん進み、Part2の終わりまで済んでしまったよ。
Webカメラ使わなかったなぁ~。このスクールでは初めてだけどTOEICだからかな。
雰囲気的には明るそうな先生。また他のクラスで受けてみよう。

DME5回目(Lesson5のP17~18、Reading LessonP1)
Cynthia先生。
いつもの様に復習。サラッと10分位。新たなものは↓
irregular plural (man-> menなど)
our, your, their, us, you, them
母音か子音か(vowel, consonant)?
ourとtheirがちょっと混乱してしまいました。。
私は含まない人達(彼ら)と質問してるのに、答えるとき私達としてしまうのは何故??
先生ちょっと短気っぽくてイライラされてたような。。
動作も徐々に荒く・・・ちょっと怖いよ。。

もうすぐ

クリスマスコンサートまであと1週間
その前に、明日はTOEICです(^^;)

フルートの練習もしているのだけど、日によって調子の良し悪しがありますね。
・・・ちなみに今日はマシでした(^-^)

クリスマス用の3曲はそんなに難しくないので、
取り合えず練習メニューに含まれているだけって感じ

やっぱり顕著なのは、アルテとトリオソナタです。
特にソナタ、ですね。。

1stがマシに吹けた♪って思ったら・・・2ndがボロボロ
今日また1つ思ったのは→
1stと2ndって、全く違う調みたいだなぁ~ってコト。
本来の♭3つ(ラ・シ・ミ)とはそれぞれ違った動き。
#や♭がそれぞれ異なるパターンだし。
1stはブリディアルディキーを使ったり外したりで左親指スライドを使うけれど2ndは全く使わず。
それにラ♭をソ♯で読んでいる(楽譜にも書いてそれで覚えてしまってる)箇所もあり
・・・何か影響してるのかな。
やっぱり先生もおっしゃっていた様に2ndの方が難しいみたい。
もっと2ndを重点的に練習しなくちゃ~。次からは2ndを先に吹いてみます

DME-レッスン4まで終了

ダイレクトメソッドのレッスン。4回目。
今回はChris先生。DMEでは2回目だなぁ~。

テキストが届きました~
やっと、何をしているのか、次何するのか、が分かります。
予習・復習で、テキスト見たりCD聞いたり出来るから、レッスン受けやすいかも。
でもね、復習はまだしも、予習をすべきかどうかちょっと疑問だけどね。

前回の復習は10分位かな。結構少なめ?に感じました。
Chris先生サラ~とテンポ良く進んでいく感じ。繰り返しも余りしつこくなかった気がする。
(もしかしたら少しテキスト見たり聞いたりしてたから順調に進んだのかな?)

■新たに出てきたもの■
単数形と複数形(singular, plural)例:The singular of "wrists" is "a wrist".
否定形、the、thisとthat、which、openかclosedかの疑問形
before、after、betweenをアルファベット使って練習。

そしてレッスン4が終わったそうで、文法レッスンというのを口頭でしました。
レッスン1~4までの内容の色々な文法問題で3ページ分。
(複数形、短縮形、be動詞、wh-Q、疑問形と否定形を作る。穴埋め問題等。)
5分ちょっと?位で、時間までに急いで終わらせた感じ。
「進むの早いよ~。Grammar簡単だった?」って先生。

取り合えずテキストが届いたので今までしたページメモしておこう。
1回目:P1~P6(Lesson1~2)
2回目:P6~P10(Lesson2~3)
3回目:P11~12(Lesson3)
4回目:P12~16(Lesson3~4), Grammar Lesson 1A(P2~4)

TOEICと日常英会話クラス1つずつ

ともに2回目のレッスン。

TOEICクラス2回目
先生は初めて受けるRosalie先生。
明るくて優しい先生。発音などもキチンとチェックしてくれる丁寧な印象を受けました。
1回目と違ってレッスンする箇所、自分で選べました~。
なのでPart2を選択。Lesson5の途中までしたので23問分した様です。
ただ先生が質問・私が答えるだけ、ではなくって、いくつかの問題はロールプレイしたり、
簡単に内容のチェックしたりしてくれました。
しかし、Secretaryの発音が・・・。何度してもなかなか上手く出来ず。。
ゆっくりだとOKだけど普通の速さになるとretaの辺りが変になるみたい。。

日常英会話クラス2回目
Carmen先生、2回目です。前とは違うクラスで取ってみました。
(1人の先生が色んなタイプのクラスでどうかを知りたいのでそう取っています。)
今回したのは→What will you do this weekend? (Lesson3-3)
will と be going to の使い分け がテーマでした。
テキストの内容だけではあっという間に終わるのでどうするのかなぁ~って思ったら、
細かく、それぞれどんな状況で使うかを自分で作ってみてチェックしてくれました。
それも様々なケース、ニュアンスの違いなどもあって。
文法の事など、英語で説明やら話したりしながらのレッスンって、難しい面もあるけど面白い。

<メモ>
■be going to=For plans or decisions made before speaking
■will=For plans and decisions made at the time of speaking (expressing uncertainty)

■両方使えるけど上記のニュアンスのまま。
★predict the futureでの意味。(It's going to be rain tomorrow.など)
★offer to do somethingの意味。(I'll carry it for you.など)
★ただし「going to」は、predict the future based on present evidenceだとの事。
observationによるものなら、seemかwillを使う事。
明らかに目で見える事or病気等はgoing toを使える。忙しそうだから休むだろうは使えない。

どうも私はgoing to とwillと逆に捉えがちなので気をつけないと。。
predictの意味での例文が中々思いつかず、難しかったです。

最後の数分は年末年始の予定についてのお話し。使い分けを考えながら話すの結構難しい。
未来形なんて簡単~と思っていたけど、複雑ですね。勉強になりました~。

買い替えはフェアの時に

レッスンの時にムラマツのフルートフェアの案内を頂いたの
レッスン後、数日は「総銀製ほしい病」になってしまい・・・やっと落ち着きましたp(^-^)q

中古なら値引率が良いので1ランク上のものも買えそうな~。
そしたらPTPとか?いや、いっその事、それなら9K位買った方が良いんじゃないの~って。
無理・無理・・・

やっぱ新品が良いよねぇ~。10万位の差ならなおの事。
一般的なDS位なら現実的かなぁ~。

でもね。まだ今のYAMAHA311以外、試奏した事ないし、パールやサンキョウも気になるし。
何か他のフェアの時に色々吹いてから決めたい気もするし。(吹いても分からん可能性大だけど。。)
ムラマツに憧れもあるけど、音が低め&大きめとも聞くし。

分割で支払うなら月に・・・とか。
色々考えていました

この12月に行っていきなりご購入~って、
ここ数年以内で必要なものも他にあるし、あと数年待とう~って思ってます。

そうそう。またまたお恥ずかしい話しですが。
H管(低音のシが出る分)が便利と聞きました。
これって「ハーソク」って言うのね
勝手に「H管=エイチカン」「C管=シーカン」って読んでました。
H足部管でハーソクなんだぁ~。Cの方はツェーソク?
(まぁ普段はこの言葉を言う機会ないと思うけれど。。)
ドイツ語の調名も、まだアルテに書かれてる読み方見ないと、覚えてないし。

11月に入ってフルート5年目になるんだぁ~
あり得な~いって程なんですが、もっと吹ける様にならないと恥ずかしいなぁ~。。

DMEを2レッスン

1週間先の予約をするので、早速10回分のレッスンを購入しました。
期限が40日なので、1ヶ月分と考えたら、20回分になりそうかなぁ。

DMEクラスを2回受けました。
テキストはまだなので、予習復習なしのぶっつけ本番レッスンです。
2回目のレッスンの後注文したので、来週のレッスンでは持っているはず。

DME2回目
初めて受けるCeleste先生。落ち着いた感じだなぁ~という印象。
まずは毎回前回の復習からする事になってます。10分位かな。
文章自体は簡単な中学レベルからだけど、正しい文章を即答する良い練習になります。
都市の名前が出てきたりするので(大きさ等)、今後もそういう点でも勉強になる内容だったら良いなぁ~。

クラスルーム内の写真を使ってQ&Aを沢山しました。あと今回したのは、
位置(on, under, in)。所有格(my, his, her)。身体(arm, hand, eye, leg)など。
アルファベットの説明 (It's the letter Aとか)。スペルもしました。
冠詞(a, an)にも注意しながら答えないといけません。
答える時に、途中からContraction(It's, He's, The book's等)にしなくてはいけなくて、
これが中々全てが上手くは行かないですね。名詞'sは慣れていないので・・・。

DME3回目
最初のレベルチェックして下さったCarmen先生。
どの先生も良さそうですが、この先生は良いなぁ~って思います。
今回初めて、爆笑する場面もあったし、他の先生より厳しい感じもしました。
Contraction・冠詞・スムースさ、共に足りなかったら、他の先生より繰り返し言わされる様な気がします。
冠詞は抜けたり間違えたりもそうだけど、不要な所、形容詞の前とかで間違って入れてしまったりもあるしね。
今回新たにしたのは、in front ofとbehind。数字。
question mark, full stop(ピリオドではない), commaなど。
その前の復習も結構たっぷりだったな。

答えるだけではなくって、お互いにQ&Aする箇所もありました。
12~20までカウントしてと言われ、20に来た所でtwentyがtwenteenと言ってしまって大爆笑。。

Noで答える質問には、文章が長くなるので、覚えるのが大変です。
まだまだ和訳してしまっているのでしょうねぇ~。。
【例】Is the picture in front of him?
->No, the picture isn't in front of him, but it's behind him.
こういうの(Yesの場合とNoの場合)が、次々と10個位続くと、覚えきれなくなって、
徐々にスピードと暗記力・集中力が落ちてくる様です。

次は発表会

クリスマスコンサート前の最後のレッスンでした
あと2週間なのです。

アルテ A dur
2週目になると少しマシになりますね。
スケールの1番、アルペジオの2番・3番、合格しました
高音の2音連続の練習箇所は、「ミファ#」と「ソ#ラ」が苦手かな。
薬指の動きが含まれるものはダメ指に違和感・・・つりそう。。

発表会曲 3曲
取り合えず通して練習。
音の質。つい内向いて低くなってしまうのでしっかりお腹から音を出す事。
それとブレスの位置を再度確認しました

トリオソナタ
今回は2ndですね。
前々回の2ndよりマシに吹けた様な気はします(まだまだですが。。)
後半が難しいのです。1音1音確認しながらゆっくりじゃないと吹けません
次は、発表会後。1stかぁ~。でも1st・2nd共に練習しなくちゃ~

昼休みの英語学習

お昼休みにしているのはReadingのコツ
ちょっと古い教材なんだけど、眠らせたままは勿体無いから。
軽く読んで、解いて、流してます。放ったらかしのものを終わらせようと思って。

よく知らなかった単語とかメモをちょこっと

(1) 構文の知識を利用する。
接続詞、関係代名詞、関係副詞、強調構文、代名詞、無生物主語 に注意!
hunch:予感、wisdom tooth:親不知、extract:抜く、
local anesthetic:局部麻酔、jaw:あご、orthopedist:整形外科医、
drool:よだれを垂らす、be dislocated:位置がずれた、corridor:廊下、
whiz:ビューと音を立てて飛ぶ、awning:日よけ、free-fall:落下、

(2) タイトルやイラストを利用する。
collide:衝突する、abducted:誘拐された、baking soda:重曹、
egg yolk:卵の黄身、batter:練った材料、doughy:練り粉のような、
beat:泡立てる、sift:ふるいにかける、ungreased:油を塗っていない、
plush:豪華な、rock:揺らす、fractious:すねた、lull:寝かしつける、
purify:浄化する・清める、purifier:清浄機、tap water:水道水

この各章のTOPICSとこれらの単語達。
こうやって書き出すと余り関係なさそうですけれどね。まぁ出てきた単語ってコトで

日常会話っぽい単語。結構知らない・使えないものだなぁ~って思いました。

あっ、今日29日のTOEIC受験票が届いたわ

最近読んだもの

最近借りて読んだです本

(1) 有川浩 レインツリーの国 (新潮文庫 あ 62-1)
(2) 海堂尊 ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)
(3) 唯川恵 肩ごしの恋人 (集英社文庫)
(4) 森絵都 風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)
(5) 伊坂幸太郎 死神の精度 (文春文庫)

どれも予約していた。8月頃に予約していた数冊+最近予約したもの。
どれも当たり~面白かったです
分厚いがなかったので何とか2週間で読めました。

4と5のみ短編集でした。
2は受取可の連絡が来た時すぐに下巻を予約多分また3ヶ月位かかる事でしょう。

森絵都さんと伊坂幸太郎さんのは他にも読んでみたいな

先週の英会話

まずは5回のレッスン分を申し込んで、早速2回受けました

1回目
日常英会話クラス。先生はChris先生。(体験レッスンと同じ方)
「また会えて嬉しいわぁ~。」のあと、「DMEはどうなったの??」って(^^;)
私:「色んな種類のクラスを受けてみようと思って。」
先生:「うん。それぞれの特徴も分かるし、それも良いかもね。」

Level 3-1(コレ→Can I help you?)をしました。
トピックは30あるんだけど好きなものを選んで良いらしい。
最初からするのかなと思っていた私は、そこまで選んでなかったので取り合えず1を選択

写真を説明→ダイアログで練習→単語チェック→自分で文章を作る→穴埋め練習 の流れ。
(KEY:put away, take out, cut down, hang up, pick up, clean up)

比較的簡単な内容だったし、リラックスして受ける事が出来ました
イディオムの確認にもなったし。じっくりという感じ。
プライベートレッスンなので全て自分で作ったり答えたりは良いですね

2回目
TOEICクラス。初めて受けるJaymar先生。
少し音声が小さめ。先生が話すリスニング対策という感じになるからか、
喉がしんどそうだった。何度かお水も手にされてたし。
テキストは4セクションまであるけどコチラは自由選択型ではなくPart1の1からみたい。

写真描写問題の練習でした。
1つが3写真で、Part1-8までしました。=24写真分ですね
先生は2回ずつ言ってくれたり実際より少しゆっくりかも?だったけど、
新たな表現などもいくつか知る事が出来たしTOEIC対策にもなって良かったです

練習不足なので・・・

言い訳ではないのですが・・・当然練習不足の現れですね。。

アルテ15課・・・A dur
ロングトーンは何とか合格したけれど。長く続くスケールは×。
高音の「ファソラシ」が、ハチャメチャ。。もう指どうなってるの~
“苦戦している様ですね。。”と先生も、苦笑い。。

クリスマス曲3曲
「見上げてごらん~」は、何とかリズムも合ってきた。一番難しそうだったから一番練習したからね。
「神の御子は」何故か後半の1ヶ所のラ~ララのリズムが遅れてずれる。それに注意。
「聖しこの夜」は簡単。あとは他にも言える事だけど音をもっと響かせる。
良い所であてられる様に探すこと

トリオ・ソナタ
今回は1stを聴かせて下さいとの事で1stを吹きました。
・・・が。。
自宅練習の時はもう少し吹けたのになぁ~。。ボロボロ。。
レッスンでは、色々吹いた最後にこれするから、余計に苦しい・・腕重い・・。。
自宅練習、休憩入れながらだもんね(^^;)本格的休憩じゃないにしてもしんどくない時だし。。

最近練習でも、音の響きが悪かったり、雑音が気になったりしてたけど、
レッスンでは少しマシになって、こんな音って感じたかな。
しっかりと出す音、お腹を使う事、を改めて出来てなかったと感じたから良かった

今月から野菜料理です!

今月から新しいコース「野菜料理です
テーマは『冬野菜を囲むクリスマス』だそう見た目もクリスマスっぽいでしょ?
200911料理
クリスマスのアンティパスト3種
きのことねぎのキッシュ
カリフラワーのポタージュ


アンティパストはこちら
1. たまねぎとチキンのオリーブ蒸し
たまねぎ・黄パプリカ・ブラックオリーブ・チキンを使ってます。
2. チコリとスモークサーモンのオードブル
チコリって白菜に似た感じですね。サーモンは本当にちょびっと。
あと干しいちじく(半分に切って中を広げてます)、いちじくの下にある
白いものはクリームチーズ(ケイバーと胡椒入り)です。
3. ほうれんそうのツリー仕立て
写真切れてますが・・・。ほうれん草を4つに分けて丸めて、
ドーナツの様に輪っかにしてツリーの様に上に重ねていってます。
ピンクパッパーを散らして、マヨネーズのソースをかけてます。

キッシュ
長ねぎ・ベーコン・しめじ・ボルチーニ茸・やまぶしたけを使ったキッシュです。
とても簡単で美味しいです。
あとは・・・オーブンがないのが難点だなぁ~。。

ポタージュ
カリフラワーにじゃが芋と玉ねぎも使ってます。トロ~っとしてて優しい味。
チコリと同様に使っている緑の葉っぱはイタリアンパセリ。
スープに乗ってる赤いものは、赤ピーマンを小さくくり抜いたの。

同じテーブルになった計4名は全員このコース初めて
同時進行で、似た具材で色んなメニューをこなすのは結構難しいです
オリーブ油にすべき所、バターを使っちゃったり、後半に戻し汁を入れるの忘れたり。
(あれ?バターがない!?とか、これは何に使うものだろう??あっ戻し汁だぁ~とか。)
賑やかなテーブルでしたが楽しかったです
基本的に1年このメンバー。さて今後手際よくなっていくのかな。楽しみです

♯3つと♭3つ

♯3個 のA durのスケール
♭3個 のトリオソナタ

これに手こずってます。。

◆高音(一番上)の「ミ・ファ#・ソ#・ラ/シ・ラ・ソ#・ファ#」が・・・。
「ソ#・ラ」や「シ・ラ」や、混乱する~。
どれが♯付くのか、どっちの指だったのか。。
運指表をチラチラ見て確認しても、何度見ても分からなくなるし。
指の動きも難しくって、たどたどしい・・・。。

◆トリオソナタは2ndが・・・
どうも1stと2ndと、臨時記号の作りが違う様で、2ndはややこしいです。
しょっちゅう臨時が付いたり、付かなかったり。
思わぬトコロで不意打ちの様に予期せぬ半音階、こけてしまいます。。
中盤のメロディがちょっと異なる箇所。まだ訳分かりません。。
レッスンで何度か吹いてるはずなのにねぇ~。。
気にしなくてはいけないブレスの位置・トリルと前後の音の処理。そこまで気がまわせません。。

クリスマスの曲
こちらはどちらかと言うとリラックス系かもね(^^)
上の2つが難しいので、取り合えず練習はする感じ。

しかし(そして?)、最近気になるのは-----> 音が悪い
身体に力が入るし、音がクリアじゃなくなっちゃうのよ。。

体験レッスン受けました~

2校の体験レッスン受けました~

1校目
レベルチェック時と同じくカメラはなし。コンタクトリストに追加する点は良いなぁと思った。
New Interchange 3の最初。先生最初のページがないって。(多分古くてボロになってるのじゃ。。)
なので2ページ目から=Grammarのトコでした。
Relative Pronounsだったので、who/whose/whomを色々例文交えて説明&練習。
1レッスンこれだけになっちゃうのは勿体無いなぁ~って思った。。
文法事項を説明したり聞いたりするのって結構難しいですね(^^;)
う~ん、このペースで続けるのはちょっと考えてしまいます。。なのでここは保留。

2校目
レベルチェック時と同じでカメラあり。ちょっと音声が時々プチプチ途切れちゃうけど・・・。
受けたクラスはDMEというダイレクトメソッドです。
先生のQに対してフルセンテンスで答えていく。早いし日本語に訳さず即答力を養う練習の感じ。
Qは段々長く難しくなるし、正確に言えるまで繰り返させられるし、結構集中力が要ります。
先生は自分のWebカメラで、テキスト(写真や色々)を写して指示してくれたり、動きがありました。
結構スリリングで面白いかも。と言うか教えるの上手いなぁ~って思った。
レッスン後もしばらくはあのQ&Aの受け答えの印象が残ってました。

あと、レッスンの中での指摘事項は、
「LとRの発音がキチンと出来ていない。」「a等の冠詞を忘れないで」との事。。

まずはこちらのスクールを続けようと思います
DME以外のクラスも並行して受けるつもり

これでSkypeを使った英会話は4回経験。全て違う先生でした。
1校目 レベルチェック:Ci先生、体験レッスン:Z先生。
2校目 レベルチェック:Ca先生、体験レッスン:Ch先生。
四季の花時計
プロフィール

alice

Author:alice
「Alice's Journal」へようこそ★

フルートは2005年11月~。お料理は2006年11月~。
英会話スクール・オンライン英会話等も時々していましたが、
2012年4月に、習い事は全て一旦休止。

2011年7月に結婚。
2012年7月に第一子出産。

日々の出来事や思った事を綴っています。

旧ブログ(2007年1月~2008年4月)

最近の記事+コメント
カテゴリー
カレンダー & アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2009年11月 | 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


クラシック演奏会
訪問ありがとう♪
ブログ内検索
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。