スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英会話で同僚と・・・

今の英会話の時間帯
会社の同僚(別クラス)と会うのです。
でも・・・この前は、同じ会社の人が私合わせて4名もいたすごいなぁ~。

さてレッスンは、『Apologizing』
実は・・・と悪い知らせを伝えたり、謝ったり、
その後の対応の仕方を練習したりしました

しかしこの前のレッスン8名。若干多すぎ感。
割り切れる人数なので、先生とペアになったりする事もないし、
ペアで読み合わせとか、会話練習とかが多かったな。。

中々感情込めて言うのは難しいですね。こういうの
I can't tell you how sorry I am.
I should/shouldn't have ~.
It could have happended to anyone.
スポンサーサイト

「火車」

宮部みゆきさんの「火車」

有名そうなので読んでみたいと思っていたの。
図書館で借りたの内の1冊です

火車 (新潮文庫)火車 (新潮文庫)
(1998/01)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

結構長編だったんだけど、最後まで楽しく読めました
ミステリーなんだけど、ただのサスペンスとかそういうのとも違っていて、
色々と複雑になってる。いや、すごい練られてる。

自分の過去を消して、他人になろうとした女性。
ローンの恐ろしさ。
色々と知っていくと、何とも切ないと言うか・・・。

ドラマで見てみたくなりました。(映像にしてほしい。)
小説の中の物語、なんだけど、ある面では現実社会でも起こりそうな。

確かI野さんが、宮部みゆきさんの時代モノも面白いよ~って言ってたなぁ。
そういうの読んだ事(覚え)がないので、また予約してみよ~
どれを最初に読むのが良いかしら

発表会終了~♪

ミニ発表会でした
1部と2部になっていて、合計20組位のミニクラスコンサートでした音符

その前に
午前中は最後の音合わせ。うん。一応何とかメロディになってはいる。
ピアノと2本のフルート。微妙にリズムを崩す所があるとの事。(大体いつもフェルマータとritの所。)
多分、私の伸ばす拍数がまだ安定してないんだろうなぁ~。。
でも1stだからリードして良いんだとは言ってた。そんな目立ってなさそうだしいっか^^;

合わせの人は少なかったので、終わってから皆でランチに行きました

さて、本番今までと違うのは
「2部になったコト」「オカリナの方がいたコト」
「親子で2重奏された方がいた」「フルート習ってすぐの小さい女の子が子供用フルートで出た事」

っで私は2部のラストから2人目でした。
合わせも1部観てても大丈夫だった・・・んだけど、3人位前の方辺りから緊張が
ドキドキ。手も冷たくなってくるし
もう心臓が口から出てきそうっ、じゃなくて、もう出しちゃいた~いってその時は思った位(^^;)

それが、丁度私の前でも休憩があったので、助かったみたい
緊張はしてたけど、落ち着いて、合わせの時の様に吹けました
でもピアノとか1stとか、見て感じる余裕は無かったけど。
ピアノの先生がちょっとリズムが早くなっちゃったかなって言ってたけど、
途中で止まったり、大きな間違いとかなかったから良かったです

先生のフルート(金なので比較にならないけど・・・)はもちろんだけど、
他の方の中で、"あっ、この方の音、透明でよく響いていて好きな音だなぁ~。”って方がいた
その方々はもっとレベルは上(多分2巻終了?)だし、楽器自体も良いかもしれないけど。

まだまだ私の音が曇ってる様な気がしたの
録音したMD聞いてもね。(まぁ、先生の2ndと比べるのは間違いかもしれないけど^^;)
フルートが内向いてたり、緊張で息にも影響はあったかもしれないしね。
今持ってるフルートででも最高の音が出せる様になれたら良いなぁ~って思いました

今週の英会話

取り合えず今週のレッスンの記録

「Proposing an idea」がテーマで、習った主な表現

提案する時
1. Why don't we ~ ?
2. What if we ~ ?
3. It'll be nice if we ~, What do you think?

提案に賛成/反対する時
1. That's just what I was thinking.
2. Why not?
3. I don't know if that's possible(a good idea).
4. I guess that would be OK, but ~.
5. That's a good idea, but ~.
6. Maybe, but It'd be better if ~.
7. Maybe it's time ~.

そうそう。今さっき知ったのだけど(遅っ^^;)
来月からTOEIC受験代が安くなったんだね。嬉しいなぁ
秋には受けようと思ってます。
全く何の対策もせずに、仕事とスクールの実力だけで勝負!
というのも何だから、持ってる教材を何かしようかなと考え中です

発表会前レッスン

自己評価・・・・・大目に見ている状態

レッスン後思ったことです

<気になった点>
■スラーの間でブレスしてしまってる。アーティキュレーションが守れない。
急いでしまうのか上手くブレスが取れないのが原因の様な気がする。
■(先生2ndと)メトロノームのみで合わせると、転調した中間部のメロディが早くなってしまってずれる。
フルート2本とメトロだけって結構大変なんだなぁ~。
■3回続けて吹いたんだけど、疲れて、質(音、力み、指)が落ちた。。
(1回目:2ndと、2回目:2ndと、3回目:ピアノ伴奏と、でしました。)

徐々にミスがチラ・ホラと出てくるし、手首から下が力んじゃって~。体力ないなぁ~
まぁ~本番は何度も吹かないから、そこまでヒドクならないと良いけど(^^;)
それにしても、「体力つける事・力を抜く事・指上げすぎない事」は、永遠に課題

■テヌート・フェルマータの部分
ここがチャンスでもあるみたい。急がずたっぷり伸ばして、ここで上手くブレスを取る事。
それにここが一番表現出来る所だから

アルテは、F dur
3~5番、合格しました次はD mollです

秋からの英語学習の方法

今行っている英会話、10月始めで終了です
なので10月~英語どうしようかと考え中。(毎年の事ですが。)

どこかで習うのなら、1年前の、別のスクールにしようと思ってます
(ここ数年は、「A→B→A→B」と交互に替わってるなぁ。
その間に「C」や「D」を半年や1年入れたりもしてる。)
今後、英会話を続けるなら&勤務地がこのエリアで変わらないなら、
そのスクールが色んなコースがあるし私にはBESTかなぁ~って思います
(車通勤になったら平日はシンドイので難しい。)

あと今考えてるのがオンライン英会話
通学より安いし、プライベートレッスンだし。
回線や発音、Skypeの状態に関してはちょっと不安だけど。

いくつか調べて、最初の候補は4ヶ所→2ヶ所に絞りました
少し試してみて、やっぱりちょっとなぁ~ってなれば、
それはその時に考えようと思います。
(出来ればもうそろそろ、独学+α位で、
スクールに通わず、費用もかけずに、スキルアップしたい

まずは体験レッスン。9月に入ってから受けようかなぁ~

発表会を控えて

そう言えば発表会まであと1週間位だぁ~。

ピアノ合わせで録って貰ったMDに合わせたりして練習しています。
間違いやすい後半部分のミスもほとんど無くなってきました

逆に始めの部分で、お腹の力が足らなくて、上がりきれず、
音がヘニャってなる場合があるので注意です。

まぁ~先生(2nd)と合わせた時にずれないかどうかもあるので、
全て注意なんですけどね。

『発表会』後のレッスン方法とかもちょっと考え中
発表会までは、15課と曲のみになっちゃうので、
発表会終わったら先生がどうされようとしてるのか分からないですが。
自分の希望リズムを取る・譜読みの練習になる内容もしたい。
だって15課、ワンパターンなんですもの。。

アルテ1巻は、15課から始めたので、
自主練習の時に、最初からの練習も取り入れてしています。
今は6課の最初。
っで、自分でしてみて、リズムに自信がない所はチェックしてるの
なのでその部分だけ見て貰おうかな~とか思ったり。
両方、同時進行でして貰うとか。
まぁ~曲より基礎練習の比率を多くして貰おう~

もしかしたら、いつかするはずの、
ガリボルディのエチュードに入りましょうってなるのかもしれないけど。

発表会前のAliceの想いでした

読書も調整しなければ

往復の通勤で読書片道30分位は読めるかな。
今のペースは2日に1冊。そんな感じです。

格的に、図書館で借りて読む形になってきました。
オンライン予約も利用し始めました

し・か・し、上手く調整しなくちゃネ
「返却」と「予約受け取り」と同じ位になる様にと予約しています。

っで、5冊一気に『受け取り可』との連絡
1冊+で6冊借りてきました~。2週間で読めるのかな。
文庫サイズのつもりだったけど、思ってたより分厚いのや大きいのも。

次の予約が入ってなければ延長出来るから、ヤバイのから順番に読んでいこう。
他の予約中のが『受け取り可能です』の連絡が、早々に来なければ良いのだけど

このペースはちょっと早すぎたかも。毎日読まないといけなくなるしね。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
借りたの中にTOEICの(勉強法)もありました。
それでまた英語の方のモチベーションまでUP

本屋さんの英語コーナーへチェックに行ってみたり。
持ってる単語本を再開しようかなぁ~って思ったり。
(ただウォークマン関係暫く使わなかったからか充電が出来ない。修理に出さなきゃ。)
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

本も英語もフルートも。色々と調整しないとなぁ~。
時間がいくらあっても足りませ~ん

8月のメニュー

お肉料理の会でした!今月はコチラ↓
★豚スペアリブの中華風照り煮
★ジャージャー麺
★ミニトマトの杏酒漬け

200908料理

美味しかったです~

ジャージャー麺は作った事なかったんだけど美味しいですね~
肉味噌だけで麺もお野菜も絡めて食べるに充分な量でした。
使ったお野菜は、モヤシ・きゅうり・レタスです。

スペアリブ。お酢は使わずなんだぁ~って思いました。
40分程煮込んでます
柔らかく、味もしっかりしていて、美味しかったです。

ミニトマト。初めての食感
トマトは結構食べるけど、お料理のレパートリーは余り・・・で、
いつもワンパターンになっちゃいます。
これはレパートリーにする感じとは違うけど普段と違った食べ方で新鮮でした。
湯むきした後シロップに付けて冷やして食べます。
シロップは砂糖水に杏酒をいれたもの。
口に入れた時はほんのり甘くてデザート感覚。噛むとジワッと生のトマトを感じる感じ。

さて。お肉料理の会もあと2ヶ月です。
11月からのクラスも申し込んできました~

スピーチユニット&カウンセリング

久しぶりのスピーチユニット
本当は1.5ヶ月に1度あるんだけど前回は休んじゃったので。

今回のテーマは『Talking about a travel experience』

作りやすかったので、最も最近行った九州のお話しを
え~っと、コレ(その時の記事)です。

クラスメイトの国内・海外の旅行の話しも聞けて楽しいレッスンでした。
ヨーロッパ、行きた~い

さて、転校して数回なので先生によるカウンセリングがありました
レッスンの感想とか、自分の英語力の事とか。
まぁ~リスニングは比較的得意のよう、一番必要なのは単語力強化だとの事。
やっぱり。。
Speakingが苦手、もっと話せる様になりたい・・・って思ってはいるのだけど、
単語・表現力が乏しいのがネックなのかもね。

音合わせ&レッスン&リングキー

★音合わせ★
もうすぐ発表会なので、ピアノの先生との音合わせがありました
MD持って行って録音もして貰いました。
順番に時間が決まっていたので、一人ずつ。手早く。
思っていたより何とか吹けた後半ちょっと急ぎすぎた感じ。
通して1回、後半のみ2回位合わせる事が出来ました。先生とのアンサンブルです
何だかあっという間に終わったので、緊張する間もなく。・・本番が怖いなぁ。。
あとは当日、前にもう一度合わせる時間を取ってくれる事になりました

レッスン
そして早速のレッスン
F durの基礎2番まで合格しました
アルテが、曲が#で、自宅練習の最初は間違えやすかったけど、
練習してると慣れました。良かったです
曲の方の練習も、1・2回程。
後半の曲の作り方(フェルマータの長さ、テヌートの追加、ritの部分など)を確認

★総銀製、リングキー★
レッスンにて。
生徒さん(発表会で何度かご一緒したので知っている方)がフルート買い換えたって
そこからのお話し私は買い替え、もう少し先ですけれど・・・参考になったので記録
*銀を禿げにくくするために、最初にプラチナメッキ仕上げ(だっけ?)をするのも良い。
(高いのでは~?どの位の価格&品質差があるのだろう。。)
*リングキーが良いよ。(自分自身、まだ迷ってたので。)
姿勢や指・手の形が綺麗になる。そうしないと音が出ないから。
カバードキーで吹く時でもそれを意識してキーの中央をキチンと押さえる様に吹くと良い。
リングだと、トリルや替え指が楽になる。(横を少し押さえるだけでも出来るから。)
半分塞ぐとか4分の1塞ぐとか色々奏法があり、現代曲等になるとリングキーの方が良い。
(まだそんなレベルじゃないけど。リングの方が色んな表現が出来るから、
レベルが上がれば物足りなくなるって聞きますね。)
*穴が沢山開いている分、音の響き(?)が良い。
(これを音の抜けが良いって言うのかな。)(思い出したので追記しました。)


ううっ。早くリングの総銀が欲しくなってきてしまったじゃないかぁ~
でも今はまだ買い替え不可なのでもっと綺麗な音で色んな曲が演奏出来る様に頑張ろう。
買い換えた生徒さん、今度の発表会でもお会いします。楽しみ~

「沈まぬ太陽」1・2巻

山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」(1)(2)を読みました~
(3)までは家にあるのだけど、取り合えず(3)の前に違うのを読むことにします。
気分転換にね

(1)(2)は『アフリカ編』
最初の最初は、サバンナの様子だったので「んっ?」という感じだったけど、
すぐ社会的な・会社関係の話しになったので、スゥ~と入ってきやすかったです

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)
(2001/11)
山崎 豊子

商品詳細を見る

しかし、ついつい私はこう思っちゃいます
何で~?そんな会社辞めたら良いのに~。
マスコミ(TV、新聞など)や法廷に言ったら良いのに~。
(最初はね。読んでいく内に気持ちは少し変ったけど。)

これって実話が元なんですよね。こんな時代・会社もあったのよね。
この恩地さんの意思の強さ・信念とか凄いです。
あと奥様の態度や言葉にも感心させられました。

E moll合格したのは良いけれど

15課。E mollの6~8番、合格しました~
これで [1] は終了。次は [2] です。
最初のブリチアルディキーは飛ばし、F durのロングトーンと1・2番が宿題になりました。

ミニ発表会に向けた曲練習
1回目。ピアノ伴奏のみで静かな雰囲気の中だったので、緊張してしまって。。
これ・・本番はもっと緊張するんだよね~。まずいなぁ~。。

あとは、難しい後半部分。
フェルマータで少し伸ばす部分の確認。
ラスト、何拍伸ばすか。そして終了合図の確認。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
レッスン後の練習で

アルテ。次はF dur。音階練習。(♭)
その後、愛の挨拶。(♯)

これダメ。。

♭1個 ⇒ ♯2個 へ。
この曲、♯2個で、途中で♭1つに転調して、また♯に戻るし。
もう、曲全体的に、臨時記号がボロボロになりました。。

直前は、♭しない様にしないとなぁ~。
皆さん、もっと数多い調をされてるはずなのに、切り替えすごいなぁ~

練習時間が増えて慣れてくると平気になるのかもしれないけど。
発表会を控えているので、どうしてもF durを避けて練習量不足してしまいそうです。。
四季の花時計
プロフィール

alice

Author:alice
「Alice's Journal」へようこそ★

フルートは2005年11月~。お料理は2006年11月~。
英会話スクール・オンライン英会話等も時々していましたが、
2012年4月に、習い事は全て一旦休止。

2011年7月に結婚。
2012年7月に第一子出産。

日々の出来事や思った事を綴っています。

旧ブログ(2007年1月~2008年4月)

最近の記事+コメント
カテゴリー
カレンダー & アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2009年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


クラシック演奏会
訪問ありがとう♪
ブログ内検索
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。