スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦手な箇所

今週のフルート。先週に続いてです。

「アルテ」はG dur
1番のスケールは合格。高音箇所は恐れないでしっかり吹く事。
2・3番のアルペジオが宿題です。

さて曲練習です
今回は「トリオソナタ」には進めず「愛の挨拶」だけ。
8月にクラスコンサートがあるのでこの曲をするかも
細かい修正・練習です

★前半で1stが伴奏側になっている箇所
吹きすぎて主張し過ぎないように。もっとソフトに吹きましょう。

★後半ラストの盛り上がり。早い箇所。
この早い動きの盛り上がり、2つ続いてますね。
1つ目はまだマシなんだけど、2つ目が・・・・・。。
「ラ~ラ#/シファソラ/シソファミ/レラ#シド/レレドシ/ラドミレ」

ここの箇所だけ何度も練習ここをするだけでも、手や指が力んで、カッチカチ。
指上がってるし。息もしんどい感じ。

一番のネックは「レレドシ」
中音域レ→高音域レへの跳躍が綺麗にならないレドシのスラーは柔らかくが課題。
おそらく、ブレスの位置が定まってなくって息が足らなくなったりもしてるみたい。

あとここはしっかりお腹で吹く様にしないともたない。左手首の角度にも注意。

★前述の早い箇所の次、最後のロングトーン。
ここも吹きすぎ。もっと柔らかく優しく吹く事。

こんな感じです早い箇所がいつまでも課題で、難しいです
自宅で練習していても、なかなか納得行く出来にならず、また2回と続けられず。
続けてしていくうちに下手になってくなぁ~って時は、少し多めに休憩してから再開です
スポンサーサイト

英会話でした

今回は3名テーマは----->
Talking About Appropriateness/適切かどうかについて話す

尋ね方とか答え方。その事に関して話す時の表現をいくつか。

普段使ってないけど良さそうなのは
It's generally considered ~:一般的には~だと考えられてる。
I'd feel awkward if ~:落ち着かない気持ちになると思う。

こんな表現もあるよって教えてくれたのは
He/She took the words right out of my mouth.
I couldn't say it any better.

こんな感じかな
あとはよく使う表現。Is it~?/Would it be~?/I thinkとか、shouldとかbetterとか。

6月のテニス

テニスは基本的に週1回。振り替えたりもしながら。
6月のテニス。あと1回

今月のテーマはスマッシュだとの事
縦の動き・横の動きとかで練習しています。
ちなみに来月のテーマはボレーだそうな。

私、ボレースマッシュも、どうしても身体が前向いちゃうのよね
(ボレーの方は少しマシだけど。)
ストロークとかもそうだけど、横向いて肩を前に向けるのが本当。
それで片足が地面を蹴りあげる様にクルンとね。
ストロークやラリーではキチンと最後まで振り切る事かな。
もっと大きく前の方に手を伸ばす感じで。

ゲームになると、前衛の動きが苦手のようです
前後左右に動かないといけないんだけどまだまだ動けてません。
目の前(身体の真ん中)にボールが飛んで来たり、スピードが速かったりすると、
避けそうになったり、手も足も出ないのよねぇ~
つい後を向いてしまうのも癖になってしまってるので直さなきゃ~。

とまぁ~そんな感じで、だいぶ自分の特徴が分かって来ました

私の習っているスクールはアウトドアだけなの。
暑すぎるので7・8月はお休みする事にしました
ナイトクラスというのも考えたんだけど、経費節約にもなるし・・・ね

次はG dur

まずはアルテから開始

A moll(イ短調) 8番
後半のアルペジオ部分が課題でした。
レッスンでも多少転びつつ、何度か繰り返し練習して合格

G dur(ト長調) 1番
最初の音階準備練習です。
後半の5線符より上ばかりのパート辺りになると崩れてきます。
ここから再度やりましょう~という事になりました

愛のあいさつ
先週教えて頂いた点、だいぶ良くなったかなぁ~
これも引き続いて「伴奏と合わせる→先生の2ndと合わせる」での練習
今回は2回目はテンポアップして吹いてみました。
う~ん、この曲ってホントは速いのかゆっくりなのかよく分かりません
レッスンで先生が確認して指定してくれたテンポ。
自宅でメトロノームで数えてみると、“アレッこんなにゆっくりだったっけ?”って感じました。

トリオソナタ
先週と同様に最初のAパートまで。
8分=1拍だけど、最初はどうしても早く吹いてしまう様です
ブリディアルディキーを使う/使わないの切り替え箇所を再度キチンと確認
トリル箇所の前後でそれがあるのでややこしいです。
トリル箇所も細かく確認しました~・・・と言うかトリルの知識が曖昧で・・・
下からトリル・上からトリル、どの音で終わるのか、が曖昧です。
トリルだけ練習した課を見て復習・確認しないとなぁ~
ラ♭=ソ♯なのに違う指してたり、レやミの人差し指の上下が適当だったり・・・
今回は初めて伴奏に合わせて先生が途中まで演奏してくれました
バロック・チェンバロっぽかったです。曲の速さがもっと早かったけど。
2パート+伴奏で合わせると綺麗でカッコ良さそうだなぁ~
しかし上記、愛の挨拶と同様に、時間がかかりそうな予感です。

旅の情報を英語で

英会話でした
今回のテーマ:Giving Tourist Information/旅の情報を伝える

情報を求める⇒伝える
この表現。あと避けた方が良いよとか。
同じ様な用語を使う表現が多かったかなぁ~。
あと薦め方でも「強いお勧め」とか「控えめに薦める」とかによる使い分け。

今回のレッスン内容・イディオム等はそんなに大変じゃなかったんだけど、
それより感じた事は-----地理の知識不足
国内・海外共に、どの国にどんな観光スポットがあって・・・とか余り得意じゃない私
前から思ってはいるんだけど、英語を学ぶのなら世界各地の事ももっと知っておかないとなぁ~

ところで、今回のダイアログで出てきたAfternoon Tea
スコーンやタルトや・・・絵も付いてるし、会話の内容的にも。
美味しそう~

お料理教室でした

お肉料理の会、今月のメニューはコレjumee☆luvcookL4
200906料理

特製メンチカツ
口水鶏(四川風ゆで鶏)
ねぎスープ

メンチカツ
お肉は薄切り肉をクッキングカッターで切る所から。
豚2:牛1の割合。
ミンチ肉と違ってしっかりとお肉の味・食感がして美味しかった~

ゆで豚
四川風のごまダレ。豆板醤が効いていてピリッとしました。
セロリも口直しに良いし、ピーナッツも美味しかったです

ねぎスープ
ゆで豚のお汁+水少々+長ネギ+塩コショウ少々。
それだけなのに味が濃かった
元々コショウや生姜に敏感だからか、私には結構辛かったな
(ゆで豚は、長ネギ・生姜・紹興酒を入れてゆでてます。)

今回はどれもしっかりした濃い味付けでした
それぞれタイプは違ったけれどね。

今まで家ではコロッケは作る事あったんだけどメンチカツはなかったなぁ。
じゃが芋がいらないのでメンチカツの方が作るのは楽かもしれない
まぁ~経済的にはコロッケの方が安上がりにはなるだろうけどなぁ~

もう1曲も開始

フルートレッスンでした

アルテ15課。A moll(イ短調)
7番 合格
8番 後半のアルペジオが怪しいのでもう一度。
特に最高音の「ドミラミ」が・・・。
でもどうもアルペジオの降りる方が苦手の様です。

愛の挨拶
先週同様、先生のピアノに合わせたり、2ndに合わせたり。
前回より良くなった
「シ~ド#~」のド#が高くならない様に、右手の薬指も押す。
これは前回から。まだ高いので中指も押しましょう。
「タ~ンタ」の付点の箇所。タタにしない様に。これはマシになった。
「レラ#シド#」間違えるor詰まってリズム崩す。
シをドにしちゃったり。間違えて癖になってしまってる。
“レ~シド#”のメロディにラ#(半音階)の前打音が足されてるって考える
これで仕組みが分かって覚えやすくなりました

トリオ・ソナタ
次の曲もしましょうこれ、Quantzの曲。♭3つ
まずは1st。最初の3分の1位まで確認しながら練習しました。
これは少しずつ進む感じです
リズムが連符でパターン化されているので慣れると覚えやすそうな印象
ただの印象なので実際はどうか・・・これからです

英会話でした

英会話のレッスン。今回はコレ
『Complaining about someone or something 愚痴を言う 』

そんなに難しい表現ではなかったけど、
普段余り使ってないのもあって、すぐには覚えられない。。

あと今回は、
リズムとかイントネーションについてがポイントでした
ダイアログの文を使って色々練習しました

う~ん、最近の英会話はちょっとマンネリ気味です(よくあるコト
文法より会話がした~いって感じ。
予習型・音読型・文法確認型・暗記型?のレッスンに疲れてきたのかも。。

何故か、
フリータイムレッスン
オンライン英会話
ネイティブのプライベートレッスン とかにも興味が
とにかくもっと会話の練習とか時事とか色々したくなっちゃったのかな。
ホントにあちこちと。飽き性の私です・・・。。
実際にレッスンが始まると“めんどくさいなぁ~”って乗らない気分も少しは回復するんだけどね。
また次の契約の時に考えるコトにしましょう

先生とデュオ

フルートレッスンでした

アルテ15課[1]
C dur 5番 半音階 合格
A mol 6番 合格
繰り返し3つ目の高音パート(ラシから始まる)難しい。
ソ♯も咄嗟に運指が出てこない。。
次の7・8番が宿題です。

愛の挨拶
コレ何回目(っで数えてみた
2月からしていて今回で10回目でしたpiano2
やっぱり発表会はこの曲かなぁ~

レッスンでは1st・2nd共に練習していて。
前回辺りからかな。1st onlyになったの。

今回は
先生の伴奏に合わせて何度か吹きました。
(伴奏と言うよりメロディ弾いてた様な?多分。伴奏+メロディかも。)
細かい修正。(一番は付点の甘さ。)
先生の2ndに合わせて2回程吹きました。
1回目。2ndを聴こうとして自分のリズムを数えられなくなって、
入るの遅れてしまいました。。

多分『ピアノ伴奏+先生2nd+私1st』でキチンと合わせられる様に
仕上げるのが目標なんだろうなって思います

“伴奏とずれてしまったら修正が効かなくなる”って先生がおっしゃってた。
まずは、伴奏とだけ・2ndとだけでしっかりと合わせてからにするのでしょうね
確か以前に伴奏だけ聴いた時、(メロディでは)どこなのかサッパリだった様な気がします。。
四季の花時計
プロフィール

alice

Author:alice
「Alice's Journal」へようこそ★

フルートは2005年11月~。お料理は2006年11月~。
英会話スクール・オンライン英会話等も時々していましたが、
2012年4月に、習い事は全て一旦休止。

2011年7月に結婚。
2012年7月に第一子出産。

日々の出来事や思った事を綴っています。

旧ブログ(2007年1月~2008年4月)

最近の記事+コメント
カテゴリー
カレンダー & アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2009年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


クラシック演奏会
訪問ありがとう♪
ブログ内検索
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。