スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海堂さん本→東野さん本→お料理本

図書館でずっと前に予約していたで、最近読んだ
海堂尊さん「ジーンワルツ」
東野圭吾さん「ダイイング・アイ」

この2作家さんのは、結構読みやすくて、好き。
だいぶ発売時期とかと遅れて読んでいますが・・・

ジーンワルツはもっと前だったけど、まぁ~最近読んだの中の一冊です。
映画化されるのを知った頃に予約したっけ。。

ダイイングアイは、少し非現実な部分もあり、少し生々しすぎて、
怖い、気持ちが悪い感じもしたなぁ。

そして最近は、お料理を借りてます
何冊か買いたいと思ってて、書店でも手にとって選んだりもしてるんだけど。
沢山ありすぎて分からないので、図書館で借りたりも。
ちなみに、栗原はるみさん・有元葉子さん・浜内千波さんのを何となく選択済み。
スポンサーサイト

最近の読書

秋からボチボチと読書は続けています。図書館ばかりですが。
マンネリ化?しているのか・・・印象に強く残らなかったのか・・・
それとも忙しすぎなのか・・・で記事にもせずでした。

角田光代さんの「森に眠る魚」「夜かかる虹」とか、
宮部みゆきさんの「取り残されて」とか
あと乃南アサさんとか森絵都さんとかも読みました。

最近は西村京太郎さんのを何冊か選んでみたり。(ベタですが)
予約しているのは人気作家が多いので、一向に回ってこないので、何読もうという感じ。

一番最新ものでは、去年の終わりにあいさんが紹介されていたこのを読みました。
海外モノは慣れていないからか、今まで、ピンと来なかったり入りにくかったり、
登場人物に付いていけなかったりでしたが、このは比較的読みやすかったです。

消えた錬金術師---レンヌ・ル・シャトーの秘密消えた錬金術師---レンヌ・ル・シャトーの秘密
(2010/05/14)
スコット・マリアーニ

商品詳細を見る

映画化されるそうですが、読んだ印象も映像が浮かんできそうな感じ。
映像化されたら、ちょっと怖い様な気もするのですが・・・。

久しぶりに映画2本

映画館で見るのは久しぶりかも。
今年も後半になって、2本見に行ったなぁ~。

「桜田門外の変」
「ロビン・フッド」

共に、とても良かった~、という感想とはちょっと違う種類の映画
ある意味、共に戦いモノ。
歴史は苦手、だけど嫌いではないので、見る事で知る事が出来たのは良かった。
普段はこういう種類のものは進んで見ない。機会があれば(他に興味があるモノがなければ)見る感じ。
だって後味が重いから。。

冬、寒い時・雨の時は、映画を見る機会が増えそうだわ。

久しぶりの2冊

やっと涼しく、秋らしくなってきましたね。
食欲の秋・勉強の秋・芸術の秋・読書の秋・スポーツの秋。
色々と取り組みやすくなりそうですね。

読書のコトって久しぶり。
実際に読むこと自体も減っていました。
最近になって読んだです。

八日目の蝉八日目の蝉
(2007/03)
角田 光代

商品詳細を見る


告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る


ちょっと古い、と言うか・・・どちらも映画やTVでされたもの。
予約してから連絡が来たのがやっと最近なの。

読み終えた後、どちらも“とっても良かった~”という印象ではなく・・・。
「八日目の蝉」は何だか切ない感じ。
「告白」は後味が余り・・・と言うか怖いなぁ~何か。。

「ヴァン・ショーをあなたに」

「タルト・タタンの夢」に登場したヴァン・ショー。
続いてコレを読みました~

ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)
(2008/06)
近藤 史恵

商品詳細を見る


ヴァン・ショー
=ホットワイン です。これに関するお話しもありました。

でも今回、一番印象に残ったのは、別メニュー
『ブイヤベース』

マジで食べたい
どこか高すぎないで、キチンとしたブイヤベース(フレンチの)を頂けるお店ないかしら。
近くで。。

「パラドックス13」と「タルト・タタンの夢」

また東野圭吾さんの「パラドックス13」
全くジャンルが異なる内容です。これはSFっぽいな。
何かの映画であった様な、無人島に残された人々がどう生き残っていくか、
インディペンデンスディみたいな。
起こり得ないと思うけれど、こんな事あったら怖いです。。

パラドックス13パラドックス13
(2009/04/15)
東野 圭吾

商品詳細を見る


そして近藤史恵さんの「タルト・タタンの夢」というを読んでみました
「幸せのレシピ」みたいなお料理が関わる小説なら楽しそうだなぁ~って思って。
あるフレンチレストランでの出来事が書かれた短編集でした。
どれもほっこりと暖かいお話しで。またお料理も美味しそうで・・・
何度か出てきた『ヴァンショー』っていうホットワイン。味わって癒されたいです
私はアルコールは殆ど飲めないんだけれど、薄め?に作って飲んでみたいわぁ

タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)
(2007/10)
近藤 史恵

商品詳細を見る

1週間に1冊

やっと回ってきました。1年位前にしていた予約

1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る

そしてこちらも読みました。

使命と魂のリミット (角川文庫)使命と魂のリミット (角川文庫)
(2010/02/25)
東野 圭吾

商品詳細を見る


1Q84の2巻も来年になるんだろうなぁ~。忘れちゃうよ~。。
いつもの(と言っても殆ど読んでないけれど・・・)村上春樹さんのに比べて、読みやすい様な気がします。

東野圭吾さん、医療系の小説って初めて読んだのかなぁ。
とても良かったです。展開もハラハラドキドキ。ラストは少しホロッとしました。
こちらもいつもの東野圭吾さんの(読みやすい)より、緊迫感があって凝っている感じがしました。

読書もぼちぼち

最近読んだです

1.天使の耳・・・東野圭吾
2.「超」英語力・・・尾崎哲夫
3.転生・・・仙川環
4.サヨナライツカ・・・辻仁成
5.再生・・・石田衣良

ここ最近のの借り方。
普通に予約しておいて取りにいっている場合。上記4・5冊目はそうです。
あとは取りに行った時に、氏名毎に並べられている棚ではない場所=
返却やら最新・話題やらにあるを手にしているコトが多いです。今回の1~3冊目はその形。

「超」英語力―話法と時制 (中公新書ラクレ)「超」英語力―話法と時制 (中公新書ラクレ)
(2003/09)
尾崎 哲夫

商品詳細を見る

苦手な時制と話法について深く書かれていました。途中で疲れそうな位!?
サ~と読んだだけだからもっとじっくり見ると勉強になりそうかな。

転生 (小学館文庫)転生 (小学館文庫)
(2006/09/06)
仙川 環

商品詳細を見る

医療系。海堂尊とはまた違った感じで面白かったです。
最後までハラハラの展開。なるほど~。

再生再生
(2009/04/23)
石田 衣良

商品詳細を見る

短編集です。どのお話しもとても良かった。どれもラストでホロッとジワッと感動しました。
時間を・色んなものを、大切にしなきゃ~ね。

アーモンド入りチョコレートのワルツ

可愛いお話し。
パステルカラーで穏やか~なそんな印象のでした

アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)
(2005/06/25)
森 絵都

商品詳細を見る


クラシック3曲のタイトルが付く短編集
シューマン「子供は眠る」
バッハ「彼女のアリア」
サティ「アーモンド入りチョコレートのワルツ」

色んなを読んでいると、前に読んでいたに関しては時間と共に薄れていく記憶。
特に短編集だと余計に。
いつもはそうなのですが、このの印象は何故か記憶に残っています。

暖かい気持ちになれる小説。
私が中高生の時に出会いたかったなって思いました

内田康夫さんの本

初かな。
「貴賓室の怪人」を読んでみました。
テレビのサスペンスによく出てくる作家さんとかこういうタイプの方の本は選んだ事がなかった。
タイトルと後の書かれた説明を見て、面白そうだなぁ~って思って借りてみたの。

貴賓室の怪人 (「飛鳥」編) (角川文庫)貴賓室の怪人 (「飛鳥」編) (角川文庫)
(2003/10)
内田 康夫

商品詳細を見る

イタリア幻想曲―貴賓室の怪人2 (角川文庫 う 1-59)イタリア幻想曲―貴賓室の怪人2 (角川文庫 う 1-59)
(2007/10)
内田 康夫

商品詳細を見る


楽しく読めました。読みやすかったです。

1冊目の「飛鳥編」は、最初に豪華客船の写真と説明付きで詳細に描かれてた。
登場人物は多いけど、それぞれ特徴があり分かりやすかったかな。

2冊目の「イタリア幻想曲」はもっと良かった。1冊目で中途半端だった事が解決したり意味が分かりました。
またイタリアの描写。地理的な事・歴史・芸術・宗教、色々描かれていて、勉強になりました。
イタリアの魅力が増してより一層行きたくなったけど、読んでるだけでも楽しめました。

後味がミステリー色が強く残るっていうのとは違いました。
でも本を通して何か発見があったり新たな事を知れるのは嬉しいので私はOKです。
四季の花時計
プロフィール

alice

Author:alice
「Alice's Journal」へようこそ★

フルートは2005年11月~。お料理は2006年11月~。
英会話スクール・オンライン英会話等も時々していましたが、
2012年4月に、習い事は全て一旦休止。

2011年7月に結婚。
2012年7月に第一子出産。

日々の出来事や思った事を綴っています。

旧ブログ(2007年1月~2008年4月)

最近の記事+コメント
カテゴリー
カレンダー & アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


クラシック演奏会
訪問ありがとう♪
ブログ内検索
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。